本文へスキップ








 


 スペシャルオリンピックス(SO)でスポーツプログラムに
 参加しているとき、またはプログラムから離れた時、
 そのどちらにおいてもSOに参加し、可能性を広げて
 いきたいと思っているアスリートに提供する
 プログラムです。
 また、アスリートリーダーシッププログラムの活動に
 取り組むアスリートが活躍できる機会を広げるために
 支えるボランティアをトレーニング?サポートします。
 例えば以下のような目的に添って行います。






 1. SOの理事会に参加するようなアスリートのためのプログラム
 2. 会議に取り組むアスリートのためのプログラム
 3. メッセンジャーになるためのプログラム
 4. ボランティアとして参加するアスリートのためのプログラム
 5. コーチになるためのプログラム
 6. 競技役員になるためのプログラム

 スペシャルオリンピックス日本?愛知では上記のことを理念にし、よりアスリートが参加しやすく、また少し
 ずつステップアップしていけるためにアスリート委員会の活動とは別に「ALPs in 愛知」というプログラムを
 行っています。
 昨年の活動は以下のようなものを行っております。

 
 自分の好きなものを好きなように描きました。
 表現する楽しさを感じ、絵についてボランティアと一緒に考え、自分の考えを表現し、発表していきました。
 また、描かれた絵はオリジナル作品としてTシャツやかばんにして作成し、コミュニケーション手段や
 発表する ことの楽しさを感じるようにしました。
 
 ボランティアと一緒にどこに何を撮影するかを相談して行いました。
 自分が興味のあるものを積極的に撮影し、その写真を発表し、テーマを決めたり、
 写真を選んだりして写真展も行いました。
 自分の作品は愛情を持って人に紹介ができます。
 
 上手にみんなの前で話せるようになりたいというアスリート自身の声で始まりました。 
 地元愛知県にある「中部日本放送」通称CBCのテレビ局のスタジオをお借りし、たくさんのアナウンサーを
 育ててこられた元アナウンサーの富田和音氏に講師をお願いしました。
 日本語や発声についてとても勉強になり、発表では本物のニュース原稿をお借りし、
 本物の収録スタジオで原稿読みを行いました。

 ○SON愛知 ALPs 2017年度のテーマ
 ・企画活動を通して、企画の楽しさ・責任の大切さを感じる。
 ・仲間の大切さを実感していく。
 ・話し合いや発表の場で自分の意見を相手に伝えられるようにチャレンジしていく。

 
 
 
 






個人情報に関する基本方針